sw2.0のコミュ将来亭wikiです。

開発の前に〜加工品と流通〜

GM:今回から特産が入るのでそれに合わせて資材に変換する流通システムが解禁されました

 加工は一つの材料と一つの材料を提供する事で一つの加工品ができる
 流通は特産や加工品を資材に交換でき(お金に換える感じ)、一つの特産or加工品で資材5になる

アリー:今のところ、一回分の採取量があるってことですかね
アリー:これを毎セッション開始ごとに、変換するかため込むか選択できる感じ??
GM:特産メモに「一回で取れる収穫量」と「現在値」を記載しました
GM:特産は以降次回までに収穫量分追加されます
GM:ただ加工は作らないとできません
GM:基本は特産と特産を混ぜて加工しますが 特産にない材料を主に使う場合、資材を投入することになります
GM:たとえば卵でケーキを作ろうとすると小麦粉とかが足りない、この足りない部分が資材に宛てられます
GM:5の卵+5の資材=5のケーキ という感じかな

一周目


GM:では開発の順番ですが イニシ順でいきますか?
アリー:んー…一軒家って壊していいよね??
パチュリー:牧場の効率化…
GM:資料は回収していいよ
パチュリー:あ、なら大丈夫かな?
GM:ただ読み解くには魔法文明語がいりようになるってだけだが
アリー:その辺から、↓のエリアに水を引きたいなw アリーゼ(だったはず)の意思は今回は私が継ぐのじゃ・・・
GM:では改めて宣言をどうぞ
アリー:では、C-2の「研究員の一軒家」を取り壊して、資材60消費して、食物エリアへの水路を建設〜
GM:水路ができた これでより効率よく作物に水が届くことでしょう
アリー:「先日で〜、たくさんの食材を栽培できるようになりましたので〜、この辺りから水を引いておきましょうね〜」

ローディー:では、ガストストライカーの改造で!
GM:では具体的な改造の内容に合わせて 発明家・コンジャラー・マギテック+器用or知力で 設計図で+2つけよう
GM:資材は投入するとより複雑な改造できるよ
ローディー:基礎を完全に仕上げようとするとやっぱり資材がいるのかな?
GM:基礎の範囲ならノー資材でいけますね
GM:具体的にどんな改造します?
ローディー:ソフト面?制御系かな?
アリー:基本機体にある「36分の1で暴走」をなくす感じかしら??
ローディー:暴走の危険がって言ってたしね。早めに取り除いて量産しなきゃ!
GM:ではどうぞ
ローディー:2d6+6+3+2 基礎主に制御系!マギテ器用
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+2) → 6[2,4]+6+3+2 → 17
ローディー:割るか...
ローディー:19で
GM:ファンブル暴走がなくなった
ローディー:「え〜と...ここは......if(flg){attack();}else{...ry」(カタカタ

ヴィート:私だ 宣言 路地を再開発
ヴィート:道を作っていこう
GM:資材はいくら?
ヴィート:10使いますー
GM:路地が改築された 周囲1エリアの移動30分に
GM:旅人「だいぶ行き来しやすくなったなぁ」

パチュリー:牧場の効率化について調べます〜
GM:では文献かな
パチュリー:2d+6+4 文献
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4) → 12[6,6]+6+4 → 22
パチュリー:!?
GM:効率よく牧場を経営できるようになった
GM:次回から卵50 鶏肉40 牛乳60 牛肉40とれるぞ
アリー:ほぼ倍だww
パチュリー:いえーいw
ローディー:効率化恐るべし
パチュリー:「私はインドア派だから開発とか言われてもピンとこないのよね…調べもののほうが得意だわ」

二周目


アリー:加工施設って、レストランとかも含むの?? いわゆる消費場所的な
アリー:あくまでワインとかチーズとかを加工する施設ってだけ?
GM:加工は料理も含まれます
GM:そこで材料をぽいぽいすると出来上がります
アリー:んー、よしやるかな
アリー:A-3の廃墟の通りを資材30消費して、市場にしてみますかね。港からも近いし、いろいろ入ってきそう・・・だよね??w
アリー:イメージ的にはあれだ、「道の駅」的な
GM:市場ができた 10人が商人になった 港以外の流通ができるようになった
アリー:「いろいろなものが流通できるように〜。この辺りで、モノのやり取りができる場所を作りましょ〜か〜」

ローディー:では、ガストストライカーの改造で!
GM:具体的な改造内容を宣言してくださいな
ローディー:そう言えば設計図を手に入れてたんでしたよね?
GM:手に入れてますね
ローディー:設計図の最終的なスペックと今のガストストライカーのスペックにどれくらいの差があります?
GM:ガンがついたから遠距離魔法攻撃ができる分結構な差はあると思われますよ 2〜3いれば9レベルガストと戦えるかな?
ローディー:つまりまだ本家の地力には届いてないわけか...
GM:同じ改造をほか個体にもして2〜3体集まれば9レベガスト君とも戦えるようになることでしょう
ローディー:う〜ん...ガン装備機構を発展させてマルチウェポンコンテナにできないかな?
GM:マルチウェポンコンテナ?
ローディー:ウェポンコンテナだった
アリー:あぁ、これか「ウェポンコンテナ=《追加武装》を3つまで装備できます」
ローディー:懸架できる物のバリエーションを増やすんだ!
GM:コンテナ分……5の資材を払って改造どうぞ
ローディー:資材5良いですかね?
ローディー:2d6+6+3+2 マギテ器用
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+2) → 3[2,1]+6+3+2 → 14
GM:ガン以外の装備があと二つつけれるようになった 追加武器の宣言をよろしく
ローディー:ぶっちゃけ言うと自由にオプションを目的に合わせて装備しなおせるようなものを考えていたけど…達成値が低かったから固定式になったのかな?
GM:ちょっと臨機応変に持ち替えってなると時間取られるかも
ローディー:これはまだまだ研究が必要ですね!
GM:うぃーん(武器装備)うぃーん(武器持ち替え)
アリー:主動作で交換とかそんな感じですかねぇ
ローディー:とりま、戦闘用に装甲と予備弾薬でも追加するかな?
GM:装甲(盾)と予備弾薬(ガンベルト)的な?
ローディー:それで!
GM:ほいほい
ローディー:「ここの部分を軽量化して...で、こいつを追加してと...うん、今のところじゃこんなもんかな?」

ヴィート:スタート地点に資材60使ってホテル建設
GM:ホテルモスクワができた 18人が従業員になった 80人が泊まれるようになった
ヴィート:「旅行客が泊まれるようにホテルを建てよう」

パチュリー:クローン草やら魔香草やらを定期収穫できるようにします〜資材は60で
GM:資材足りないよ
パチュリー:あ、もう資材がないか!
GM:残り35だよ
アリー:特産物を変換すれば、まだいけなくもない…が
アリー:できましたっけ? >開発途中で特産物を資材に変換
GM:今ある特産を資材に変換はできますよ
GM:1特産→5資材になります
GM:お金で買い取ってもらう感じですね
アリー:確か特産だけで275あるから・・・加工品度外視すれば、資材数1000超えたぞww
ローディー:ふぁ!?
アリー:285だった。どっちにしろやばたにえん…何か加工しようかしら()
パチュリー:んー、鶏肉20個資材に変えちゃうか…
GM:鶏肉が資材に還元された 鶏肉が0に 資材が135に
パチュリー:「魔香草を定期収穫できるように…って資材がないじゃない…あー、そこの鶏肉、買い取ってもらってちょうだい」

三週目


アリー:で、みたらしさんやみたらしさんや
パチュリー:ほいほい?
アリー:牛乳と卵と牛肉使っていいかにゃ? 
パチュリー:いいですよ〜どんどん使っちゃってくださいな
アリー:では、牛乳と卵と牛肉と資材を10ずつ消費して
アリー:ふわふわでとろとろのオムレツか何かできますかねw
アリー:あ、コック4ありますけど振ったほうがいいですかね、これ(滝汗
GM:料理は加工人がしてくれるよ
アリー:わぁい
GM:では卵・牛乳・牛肉でふわとろオムレツができた
GM:オムレツができたよ 多分試作を皆さんで食べたことでしょう
ローディー:「おっしゃー!久々の飯だ!最近こもりっきりだったから碌なもん食ってなかったんだよ!」
アリー:「地元でとれた食材を使った〜、ふわっふわでトロットロのオムレツですよ〜。お肉が入ってるのもあるので、男性の方はそちらは如何でしょうか〜」(エプロン装備
ヴィート:「うむ、旨い。これほどのものは中々できるものではない」
パチュリー:「ふーん、こんなのもできるのね…」

ローディー:ガストの完成度的に設計図に書き起こすことってできますかね?
GM:できますね 知力で判定かな
ローディー:では、器用の指輪を知力に変更!
ローディー:具体的には非武装状態のガストオプション3つ装備可能なガストの設計図化で
GM:ではマギテック知力で判定どうぞ
ローディー:2d6+6+3+2 マギテ知力
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+2) → 9[3,6]+6+3+2 → 20
ローディー:割る!
ローディー:22で
GM:設計図ができた とりあえずその時点までの構造はこれを使えばできることでしょう
ローディー:やったぜ!
アリー:途中セーブは実際大事。
ローディー:「さて、ガストストライカーの改造も一段落してきたとこだし、設計図に書き起こして量産にうつれる体制を整えないとな...頑張るぜ!俺の趣味のために!」

ヴィート:繁華街を資材60使って再開発
GM:繁華街ができた そうだな、市場と合わせて30人が商人になった
GM:ここでも流通できるようになった

パチュリー:クローン草と魔香草を定期収穫できるようにします〜資材は60で
GM:クーロン草採集所になった 追加で5人が薬師になった
アリー:魔香草というよりも近場の牧場用の飼料、でしたっけか?
GM:飼い葉ですねぇ 飼い葉は牧場に寄付されました
パチュリー:あ、飼い葉だったかw
GM:クーロンだけになったよ
アリー:だんご牧場と名付けよう(提案
パチュリー:だんご牧場_(:3」∠)_
アリー:何せ、手を付けているPCの中の人が一人しかいないからね…w >牧場関連
パチュリー:てへっ☆
GM:こう?(マップの牧場の名前をだんご牧場にした)
パチュリー:だんご牧場になったww
ヴィート:現地民からすれば団子要素どこだよ定期
アリー:そら、ぷくぷくと肥えて太った鶏や牛を団子になぞらえてじゃない?w
パチュリー:ぷくぷくw

四周目


GM:では四周目 の前に一応お知らせ
GM:今残っている人材は外部から客寄せした人達が大半です
GM:セッションの終わりに、特産も出て流通もできるようになったので
GM:離れていく人が何人かというダイスを代表者に振ってもらいます
アリー:前回の最後にたくさんお招きしましたものなー …そりゃ定職につけなきゃどこかに流れるか
GM:ですです
アリー:でも、方々に散ってもらえれば、この都市開発のうわさを聞きつけて、人がもっとやってくるかもしれない…(希望的観測ー
GM:どのくらいのダイスになるかは最終的なフリー人材によります
GM:確かに散ると呼び込みということで次回の冒頭で「何人うわさを聞きつけてやってきたか」というダイスを振ってもらいます
GM:今のところ 「おいしいにおいのする街」 という認識です
GM:というわけで四周目いってみよう

アリー:E-3の関所のエリアを、資材10使って養蜂所にしまーす。
アリー:(足りなかったら、別の機会にテコ入れじゃな)
GM:養蜂所ができた 5人が蜂農家になった 次回蜂蜜が15とれる
アリー:はちみつ! はっちみっつ! はちみつ牛乳!
アリー:牛肉のステーキにソースとして使ってもいいぞ! >はちみつ+@
アリー:後お酒造りにも使えるのよねぇ、はちみつ・・・(蜂蜜酒

ローディー:それじゃガストの運用試験してみようかな?主に戦闘面
GM:ふむふむ では単純に当たるかどうか、ほかのガストストライカーを誰かに操作してもらう事でテストしましょう
GM:こう、ほかガスト君に的をもってもらって的当て
ローディー:なんか可愛いな
アリー:移動する標的なあれですねわかります
GM:命中9基準で15より上でるか判定お願いします
ローディー:2d6+9 ガスト命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 9[6,3]+9 → 18
アリー:おー
GM:「2d+10」のガンダメージが出ます
ローディー:2d+10 ダメ
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 10[4,6]+10 → 20
GM:的ぱっかぁん
GM:研究員「命中の底上げをする機構も必要になりますかね?」
ローディー:「そうだなぁ…魔導ビークルの命中精度でも当たらん時は当たらんからねぇ」
ローディー:「とは言え、警備用としては数をそろえれば充分かな?これが敵わないような相手はもう冒険者たちに頼むしかないからね…」

ヴィート:はちみつ5と牛乳10使ってハチミツミルク作ります
GM:はちみつは、まだできてないねぇ
GM:それと材料は同じ数字でないとできません
GM:5の材料と5の材料混ぜて初めて加工品5ができますね
ヴィート:次回かー じゃあ牛肉10とコメ10使って牛丼作ります
GM:牛丼が10できた 試作品をいただくことだろう うまい
ローディー:「肉!肉!肉だぁぁああ!」
ヴィート:「コルネリウス殿が勧めてきた牛丼を作るよう指示した」
アリー:「殿方らしい豪快な丼ですけど、がっつりいくのもいいものですね〜」(mgmg

パチュリー:そしたら救命草20個資材に変えちゃいます〜
GM:救命草が20減った 資材が合計105になった
パチュリー:「ふーん…意外とおいしいわね…あ、救命草を買い取ってもらってちょうだい」指示を出しながら食べてる
GM:商人「あいよー」

五周目


アリー:私が最後に見せるのは、食欲に満ちた黄金の輝きだー!
アリー:ということで、欲望にまみれていきますわん
アリー:資材40使って、養蜂所を強化しまーす。できます?
GM:できますよー
GM:養蜂所が拡大した 蜂農家が合わせて15人になった 次回の蜂蜜が15から30になった
アリー:「もうちょっと蜂蜜が取れるようになりませんかね〜? もっとテコ入れしたほうがいいのでしょ〜か?」

ローディー:それじゃ、農業用、漁業用、運送用オプションのどれかの開発に着手かな?
GM:そうですね これまでの個体とは別の改造になるので
GM:応用ってことで設計図参照+2で 発明家・コンジャラー・マギテック+器用or知力ですかね
GM:何のオプションをつけます?
ローディー:はーい、それじゃマギテ器用で器用の指輪装備で運送かな?
ローディー:2d6+6+3+2 マギテ器用
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+2) → 7[5,2]+6+3+2 → 18
ローディー:割る
GM:20までいったら搭載+4にするか
アリー:人力車ならぬ、ガスト力車。
ローディー:そう言えばガストって現在何機あるのかな?
GM:10体はいるかな
ローディー:結構いるな
ローディー:「さて、そろそろ趣味にふけるのも大概にしないとな…うーん……搭載量に特化したガストストライカーの改造でも行ってみようかな?」

ヴィート:廃墟を冒険者の宿に再開発 資材60使用
アリー:おぉ、そっち行きますか
GM:冒険者の店《兎の羊毛亭》ができた 20人が冒険者になった
アリー:誘致する冒険者の宿とかって決めてるんです? それとも噂に身を任せて、ご自由に的な?
ヴィート:自由ですねー
アリー:つまりGMに丸投げされたということだ!(違います)

パチュリー:魔香草20個資材に変えます〜
GM:魔香草が残り10に 資材が合計105に

終盤決済


GM:では本日はここまで
GM:そしてお待ちかねの「何人はなれていったか」判定です
GM:代表者の方「1d20」を振ってください いなくなってもうわさを流してくれるということで次回呼び込み判定を導入します
アリー:だーれがふーる?
ローディー:ダイスふって出目低い人?
ローディー:2d6 誰が振る?
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9
パチュリー:2d だーれだ
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8
アリー:2d6 2dとはまた差が出そうな
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
ヴィート:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
GM:では代表者になった方 1d20どうぞ
アリー:1d20 ウンメイノー
SwordWorld2.0 : (1D20) → 1
アリー:草
パチュリー:草
ローディー:草
ヴィート:強い
アリー:何という地元力
GM:一人はなれていった
GM:というわけで本日のセッションはここまで! この一人が何人呼び込んでくれるかは次回のお楽しみ
ヴィート:ソロ「こんなにおう都市にいられるか!俺は都会に行かせてもらう!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!