sw2.0のコミュ将来亭wikiです。



------------------------------OP[20分]-------------------------------- 冒険者達は、とある依頼を受ける。
依頼主は、神父。依頼内容は神父のいる孤児院が襲撃され孤児が攫われかけた事である。
孤児はフェンディルの教会に護送したいとの事。

冒険者達は孤児を連れて、フェンディルの騎士団との合流場所まで行って欲しいと言われる

1:神父は大変善性の人です。孤児も普通の孤児です。
聞かれた事は素直に頷くでしょう。
2:移動は馬車になります。移動手段はそれだけで問題ありません。
旅期間は4日。


-----------------------------起(20分)--------------------------------- 冒険者達は、馬車に乗り出発します。
3日目まで冒険者達は安全に通行する事が出来るでしょう。

《病気知識判定/難易度12を行う。成功時、孤児の為体力も少なく》
《旅にはもう、耐えられそうに無い事が分かります》

後半日も掛からず合流地点・・・という3日目の朝の事です。

《3日目の朝、起きた時に 見識判定/難易度13を行って貰います。》
《成功時、この周囲は地盤が弱い事で知られている事を知っているでしょう。
《このシーン中の判定に+1の補正が付きます》

冒険者達がそうして旅をしていくと・・・・・・ドドドドド!!!と地鳴りが聞こえます

《探索判定/危険感知判定 難易度:13/16 対象:全員》
《探索判定後、危険感知判定を行います。どちらを成功しても成功です》
《全滅時、威力:30+6 C値:12 物理ダメージをPT全員で受けます》

ですが・・・一番困った事は、土砂崩れのせいで、道が塞がってしまったのです!
冒険者達が困っていると・・・遠くから光が見えます。

其方に行くと・・・館が有り、次のシーンに行きます。


-------------------------承(60分)---------------------------------

------------------------承-1(20分)---------------------------------
冒険者達が中に入り、暫くすると・・・館の主が現れます。
彼は、頭を下げ一帯の貴族の館だと教えてくれるでしょう

冒険者達を案内する・・・と言われた瞬間!!!

《聞き耳判定/難易度14 失敗時、ランダム対象一人に【出血毒】を受けます

《出血毒/生命抵抗/14 病気知識判定難易度15。》
《効果:血液の凝固を妨げる毒です。生命抵抗に失敗したキャラクターは》
《以後、ダメージを受ける度に2点の毒属性魔法ダメージを受けます》

頭上から、何者かが襲い掛かってくる事に気付くでしょう!
それを弾きますが・・・透明な何かがいる事が分かります!

少年を庇う前に、館の主が少年の手を掴むと、そのまま攫われてしまいます。

透明な何かは、それを見ると即座に撤退するでしょう


-----------------------承-2(40分)----------------------------
冒険者達が迷宮の探索を開始します。詳しくは【館ダンジョン】をご覧下さい。
全体で5エリア。を予定しています


-------------------------結(20分)---------------------------- 冒険者達が、館の主の部屋に辿り付き、日記を読む事で真相を知り
再奥の部屋に辿り着くと、そこには眠りに着く少年と人狼が居ます。

人狼は、このまま少年と共にディルフラムに行き静かに暮らす。と言います。
沢山人を殺してきた。言い訳はしないが愛する妻との間に出来たこの子だけは諦められないと。

此処で冒険者は二つのルートを選べます。

一つは、人狼の願いを断るルート。

これにより、人狼との最終決戦が行われます

人狼+レッサーインジブルアサシン+ストーンサーヴァントが現れます。

これらを倒す事で、護衛の少年と取り戻しENDです。

もう一つは、人狼を見逃すルートです。

人狼は喜び、罠に掛けた事を心底謝り。冒険者達に心からお礼を言って子供を引取りに行こうとして・・・・・・
窓を突き破った矢に心臓を打ち抜かれて死にます。

外にはゾロゾロと傭兵達が集まって居ます。
傭兵達は、冒険者達を助けようと集められた兵隊達ですが・・・・・・
少年に書かれている文様を見て、人狼化させられようとしていると知り殺そうとします。

此処で止めない場合はそのままENDとなります。

金銭はそのまま、名誉点は半減となります。

此処で止めた場合、第二最終決戦ルート

名高い狩人+正騎士+邪教の高司祭との戦闘になります




--------------
-------------------------
------------------------------------------
  (階)
  |
◆臭 臭     
  |
  入




---------------------------
-----------------------------------------
-------------------------------------------------------
--------------------------------------20分----------------------------------------- [エントランスホール]
《奥へ行くと、そこは広い広場へとなっている》
《作られた当初は、煌びやかなシャンデリアが灯されていたのだろう》
《今は見る影も無く、暗がりが広がり、蜘蛛の巣がそこら中に張り巡らされている》
《密閉された部屋の中、宙に目をやれば埃が目一杯自己主張をしており》
《それに相応しい、煙たさ特有の野暮な匂いが鼻を撫でるだろう》

《冒険者達が持つ灯りが、そうして床を照らすと・・・》
《大理石の床に敷き詰められた、古びたレッドカーペットは十字を象っているようだ》
《正面には巨大な門が有り、鍵が掛かっており、とある文字が書かれている》
[試練を受ける者よ、汝が魔剣の在り処を欲するならば正しき鍵を探せ]
《左右には長廊下と扉が続いておりどちらにも奥に部屋があるのが分かる》
《左の扉にのみ、鍵が掛かっている事も又、分かる》

冒険者達が、足跡追跡判定/難易度無しを行えば分かるが
足跡は奥に続いて居る。

探索判定を行った際にも、判定後に足跡追跡判定を行わせる様に。答えは上記。
探索判定を行う事で分かる事として、正面の扉の鍵は、専用の鍵じゃないと開かないと分かる


探索判定/難易度13で、左の扉には鍵が掛かっており、同時に罠が仕掛けられている事も分かるだろう。
鍵の解除を行った際に、発動するタイプである(下の内容は秘密。判定後に開示)

《炎の息/発見難易度13/15 鍵の解除難易度:14 [対象:PT全員]》
《効果:鍵を解除した瞬間長廊下に火炎放射が吹き荒れます》
《生命抵抗/14(半減)を行い、[威力20+6 C値10]の炎属性魔法ダメージを与えます》


------------------------------
------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
------------------------------------15分------------------------------------------- ∩匕
《倉庫の中に入ると、様々な物資が雑に積み上げられているのが分かるだろう》
《杖、剣、魔法道具、薬品やら実験道具等もある様に見える》
《先程の部屋と違い、埃は少ない様だ。》
《ガラスケースの中にある棚の中には食料等も置かれているがどれも新鮮に思える》
《そうした倉庫の奥から・・・・・・カツン、カツン、カツン。と小気味良いテンポ良い音が聞こえる》
《機械的なその音は、心地よささえ与えるだろう》


冒険者達が、聞き耳判定を、倉庫の奥に行えば、聞き覚えがある事が分かる。
時計の音だ。それ以外には物音はしない。

奥を覗くと、そこには魔導機械等がそれなりに置かれており
時計は、魔導機械の時計だと分かるだろう。
宝物知識判定/難易度14に、成功した人数*100分、報酬が増える(最高で500G)

又、探索判定/難易度13/15に成功する事で 魔晶石MP5点が1/1d3個発見出来る。
但し、コレはシナリオ中のみであり、持ち出し出来ない。


-------------------------------
------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

---------------------------------20分-------------------------------------- 5匱

《長廊下を抜けた先には・・・これまた長い廊下が続いていた》
《その廊下を歩いてみれば分かるが、□の様な形をしているらしく》
《今まで歩いてきた長廊下と違う点として、幾つか扉がある事が分かるだろう》
《扉の中には客室やら、書斎、食堂等があるのがわかるだろう》


冒険者達が、この部屋に入った時点で、[鍵]が見つかる事は確定している事を説明する。
その上で、みつけるまでのプロセスとして、探索を行ってもらう。と最初から説明しておく。


探索判定/達成値-12の、合計達成値数で貰えるモノが変わる。

〜1:大昔の絵画 PTで100G
〜2:館の主の日記
〜3:太陽石掘(物知識判定/難易度14必須
4〜:宝物



2:館の主の日記

○月×日
何が起こっているか、正直私も混乱していてよく分からない。
私は資産家の家の子供として生まれ、父と母が死んだ後も残った遺産を元手に
それなりの暮らしを行っていた。妻も出来、順風満帆な毎日だった。

私と妻の間に子供が出来た事を知った時、私は飛び上がらんばかりに喜んだ。
絶対に幸せにしよう。そう誓いを立て、私は仕事をもっと頑張る事を決めた。

とある積荷を積んでとある街に送る仕事を受けた。大変貴重な魔道具で
これを送り届ければ我が子はまず安心だろう。他人に任せられるモノではない為私が運んでいた。

それがよく無かった。襲われたのだ。蛮族に

積荷を薙ぎ払われ、上から何かに襲いかかられ・・・・・・気を失った私が起きた時、全てが終わっていた。
襲いかかってきたのは“人狼”ワーウルフ。そう・・・・・・私は蛮族である人狼にされてしまったのだ。

□月△日
私は洗脳教育を受け、家に帰ろうとすると悪寒と過呼吸に見舞われ人狼の村から出られなくなってしまった。
我が子はどうなったのだろうか、我が妻はどうなったのだろうか・・・あの子達が居なければ
私は唯の人狼となり、蛮族になってしまうだろう・・・・・・

そんな日が続く中、長老から指示を受けた。私が人狼村に役に立つ存在なら、多少村の外に行く事も許そうと。
私は、他者を犠牲には出来ないとその時は断りを入れた。そして牢屋に連れてかれて・・・・・・


(暫くの間、支離滅裂な日記が続く。まるで狂ってしまっているかのようだ。)




-----------------------
--------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
■月○日(二ヶ月程前の事)
私が人狼となり、既に10年近くが経過している。
あぁ・・・そうだとも、私は既に罪を侵し、唯の人狼となってしまっていた。
先日までの私は唯の残虐な魔物でしか無かったのだ。

アレが噂に聞く人狼の洗脳なのだろう。沢山の罪無き人を私は・・・・・・到底許される事ではあるまい。

私がこうして心を取り戻したのは、我が子のお陰である。
人狼の工作員として、家に戻った私は、妻も子供の事も忘れ、人狼・・・ひいては蛮族の為に生きていた。
近くの街へ潜入工作に向かった際もそうだった・・・だが。我が子が・・・見たことも無いが
確かにあの子こそが、私の子供だと、魂で理解できた。
小さな頃の私にそっくりな顔。彼女と同じ瞳と髪。年齢も我が子と同じで・・・
あの子に付ける筈だった、名前を持っていた。

漸く・・・漸く見つけたのだ。私が守るべきモノを。
本当なら、私は遠くで見守るべきなのだろう。あの子は幸せに生きているのだと外カラでも分かる。

でも、他人に私の大切な子供を委ねたくない。もう、迷って何も失いたく無いのだ。
あの子は私が守る。遠くで静かに親子二人で暮らそう。

神よ・・・ライフォス神よ・・・既に貴方の寵愛は私にはあるまい。されど・・・されど
どうか、私を少しでも憐れむなら、あの子と共に生きさせてはくれまいか?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!